ホーム > 中経連の概要 > 組織・関連団体 > 主な関連団体

(一社)中央日本総合観光機構

(一社)中央日本総合観光機構は、中部広域観光推進協議会を発展的に改組したDMO法人で、平成29年に発足しました。

中部北陸9県(富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県)の観光事業に関する中枢機関として、国内外の観光振興を図り、観光交流を通じた9県の経済および文化の向上発展に資することを目的として、1.中部北陸圏の観光産業の創生、2.安定的な観光産業収入を通じた地域活性化を目標に、「広域連携を進めるマーケティングカンパニー」の役割を担う組織を目指し活動を行っています。

 

DMODestination Management/ Marketing Organizationの略称。

経営的視点から観光地域づくりを牽引するプロフェッショナルな組織を指す。

 

1.構成メンバー

◇自治体

  富山、石川、福井、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀の9県

  名古屋市、静岡市、浜松市の3市

◇経済団体

  (一社)中部経済連合会、北陸経済連合会

  各県の商工会議所連合会

  名古屋商工会議所、明日の中部を創る21世紀協議会

◇観光関係団体

  (公社)日本観光振興協会中部支部、各県観光協会(連盟)

  (公社)びわこビジターズビューロー

  (公財)名古屋観光コンベンションビューロー

  日本旅館協会中部支部連合会、(一社)日本ホテル協会中部支部

  (一社)全日本シティホテル連盟中部支部

  (一社)日本旅行業協会中部支部

◇交通関連会社、旅行会社、空港会社、一般企業(ホテル、航空会社等)

 

2.役員

  会長(最高経営責任者CEO): 豊田 鐵郎〔(一社)中部経済連合会 会長〕

  副会長 : 久和 進〔北陸経済連合会 会長〕

  最高執行責任者COOAshley John Harvey

 

3.事業内容

 ◇ターゲット市場の観光客が求める魅力づくり

・各地域との積極的なコミュニケーションおよび地域環境・戦略を踏まえたターゲットに応じた広域観光モデルの検討・ブランディング・プロモーションの実施

◇マーケティングイベント・外部環境を捉えた戦略

・各地域の観光資源・魅力をターゲット市場の観光業者による取扱いや観光客の旅行計画に盛り込むマーケティングイベントの展開(PR、メディア戦略、デジタル化対応)

・関東・関西のゲートウエイ・交通機関との連携による中部広域周遊の在り方の検討とともに、各地域戦略とターゲットとの連携・連動

◇パートナーシップの活用等

・ターゲット市場および中部広域の観光関連業者との積極的なコミュニケーション、観光モデルの展開、誘客に必要なマーケティング・プロモーションの連携・連動

◇観光マーケティングプロフェッショナルとしてのサービス提供・企画立案支援

・ターゲット市場動向、観光客の流入や各県各市以外の周遊状況のデータ提供、地域DMOの戦略・企画立案の支援、観光経営に関するトレーニングなど、サービスができる体制の構築

 

. 機構事務局

   名古屋市中村区名駅三丁目13-26 交通ビル3F

  電話:(052)602-6651

一覧へ戻る
中経連の概要