2012年1月アーカイブ

中部圏の先端的技術等を活かした産業振興について、広域的な産学官連携により地域を挙げて推進するための機関として、中経連の呼びかけで平成14(2002)年に設立し、以来、毎年1回開催しております。

中部5県の知事および名古屋市長、主な国の出先機関の局長、主な大学の学長、および中経連の正・副会長で中経連の正・副会長を構成メンバーとし、先端産業分野の研究機関や企業の誘致、産学官連携による新技術・新産業の創出を、行政・学界・経済界が一体となって積極的に推進することを目的に活動しております。

近年は "ヘルスケア産業に関わるものづくり振興""次世代自動車の普及促進に向けた課題とその解決に向けた産学官の取り組み""イノベーション促進に向けた産学官の取り組み・広域連携のあり方" 等を議題に、産学官での取り組みや広域連携のあり方について意見交換を実施しております

1.組織

一般社団法人中部経済連合会の正・副会長、中部5県の知事、名古屋市長、国の機関の局長、大学の学長 

2.中部産業振興協議会の議題一覧

1回 平成14621

(1)    中部産業振興協議会の設立趣旨および事業計画について

(2)    意見交換

 

2回 平成1598

(1)    海外企業誘致ミッションについて

(2)    中部が振興すべき重点産業技術について(技術部提言)

 

3回 平成1693

(1)    「中部ナノテク推進会議」の活動状況報告

(2)    海外企業ミッションについて

(3)    新産業・新技術の創出に向けた各自治体・大学等の取り組み

 

4回 平成171118

(1)  「魅力と活力溢れる中部の実現 ~空港・万博の成果を踏まえた中経連の活動~」(平成179月)について

(2)  中部ナノテク推進会議(平成16164月設立、本協議会下部組織)の活動報告

 

5回 平成18913日 

(1)    「ナノテクセンター(仮称)」の設立準備状況について

(2)    中経連海外企業誘致ミッション派遣について

(3)    新産業・新技術の創出に向けた各自治体・大学等の取り組み

 

6回 平成19年9月13

   (1)「ナノ構造研究所(ナノテクセンター)」について

(2) 新産業・新技術の創出に向けた各自治体・大学等の取り組み

・産学官連携の取り組みについて

・新産業・新技術の創出に向けた取り組みについて

 

7回 平成20年9月4日

(1) 新産業・新技術創出に向けた産学官連携の取り組み

(2) 地域をあげた高度人材育成の取り組み

 

8回 平成21914日 

   (1) 新産業の創出に向けた産学官連携の最近の取り組み

       (2) 広域的産学官連携のさらなる推進に向けて必要なこと

 

9回 平成22917日  

   (1)  新産業・新技術創出に向けた高度人材育成への産学官の取り組み

                <意見交換の視点>

      ・グローバル時代に対応した人材育成のあり方

      ・世界に選ばれる魅力ある中部とは

      ・グローバル競争下での知のネットワークの現状と今後の方向性

(2)「大学、公設試等の広域的活用のしくみ」検討WG報告

 

10回 平成23913日  

   (1)  次世代自動車の普及促進に向けた課題とその解決に向けた産官学の

取り組み

       (2)「大学、公設試等の広域的活用のしくみ」(報告)

 

11回 平成24913

          ・ヘルスケア産業に関わるものづくり振興における課題とその解決に向けた産学官  の取り組みや広域連携のあり方

 

12回 平成251024日 〔→ 開催報告はこちら

        イノベーション促進に向けた産学官の取り組み・広域連携のあり方

 

13回 平成26年12月10日 〔→ 開催報告はこちら

        ・中部圏の産学官における女性の活躍促進について

 

14回 平成27年11月4日 〔→ 開催報告はこちら

        ・中部圏の発展に必要な人材の育成に向けて

 

15回 平成28年10月24日 〔→ 開催報告はこちら

        ・ものづくり中部におけるイノベーション力を強化していくための

           産学官連携のあり方

 

16回 平成29年11月7日 〔→ 開催報告はこちら

        ・中部圏のイノベーションを触発し続けるための仕組みについて

 

以 上

 

(一社)中央日本総合観光機構は、中部広域観光推進協議会を発展的に改組したDMO法人で、平成29年に発足しました。

中部北陸9県(富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県)の観光事業に関する中枢機関として、国内外の観光振興を図り、観光交流を通じた9県の経済および文化の向上発展に資することを目的として、1.中部北陸圏の観光産業の創生、2.安定的な観光産業収入を通じた地域活性化を目標に、「広域連携を進めるマーケティングカンパニー」の役割を担う組織を目指し活動を行っています。

 

DMODestination Management/ Marketing Organizationの略称。

経営的視点から観光地域づくりを牽引するプロフェッショナルな組織を指す。

 

1.構成メンバー

◇自治体

  富山、石川、福井、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀の9県

  名古屋市、静岡市、浜松市の3市

◇経済団体

  (一社)中部経済連合会、北陸経済連合会

  各県の商工会議所連合会

  名古屋商工会議所、明日の中部を創る21世紀協議会

◇観光関係団体

  (公社)日本観光振興協会中部支部、各県観光協会(連盟)

  (公社)びわこビジターズビューロー

  (公財)名古屋観光コンベンションビューロー

  日本旅館協会中部支部連合会、(一社)日本ホテル協会中部支部

  (一社)全日本シティホテル連盟中部支部

  (一社)日本旅行業協会中部支部

◇交通関連会社、旅行会社、空港会社、一般企業(ホテル、航空会社等)

 

2.役員

  会長(最高経営責任者CEO): 豊田 鐵郎〔(一社)中部経済連合会 会長〕

  副会長 : 久和 進〔北陸経済連合会 会長〕

  最高執行責任者COOAshley John Harvey

 

3.事業内容

 ◇ターゲット市場の観光客が求める魅力づくり

・各地域との積極的なコミュニケーションおよび地域環境・戦略を踏まえたターゲットに応じた広域観光モデルの検討・ブランディング・プロモーションの実施

◇マーケティングイベント・外部環境を捉えた戦略

・各地域の観光資源・魅力をターゲット市場の観光業者による取扱いや観光客の旅行計画に盛り込むマーケティングイベントの展開(PR、メディア戦略、デジタル化対応)

・関東・関西のゲートウエイ・交通機関との連携による中部広域周遊の在り方の検討とともに、各地域戦略とターゲットとの連携・連動

◇パートナーシップの活用等

・ターゲット市場および中部広域の観光関連業者との積極的なコミュニケーション、観光モデルの展開、誘客に必要なマーケティング・プロモーションの連携・連動

◇観光マーケティングプロフェッショナルとしてのサービス提供・企画立案支援

・ターゲット市場動向、観光客の流入や各県各市以外の周遊状況のデータ提供、地域DMOの戦略・企画立案の支援、観光経営に関するトレーニングなど、サービスができる体制の構築

 

. 機構事務局

   名古屋市中村区名駅三丁目13-26 交通ビル3F

  電話:(052)602-6651

水のいのちとものづくり中部フォーラムは、中部地域の産・学・官が連携し、異業種の企業同士が地域に根差した水技術や経験を活かし、世界的な水問題の解決と水ビジネス展開、さらには国際貢献に繋げることを目的として平成21年6月に発足しました。
 本フォーラムは、中部地域の水処理技術等を有する企業、治水・利水事業にかかわる企業、商社・コンサルタントなどの非製造業、水を利用してきた経験を持つ中部の誇る製造業企業など多種多様な企業が参加しており、これらの民間企業群の活動を、国、地方自治体、大学、経済団体、水にかかわる各種団体などが支援するという構成になっています。
また、フォーラムの活動は参加メンバーの自主的な運営によるものとし、各メンバーは主体的に活動に臨むことで、中心的なテーマである水に関するビジネス展開をはじめ、地域貢献事業、国際貢献事業等について積極的に取り組む体制となっています。

 

  1. 役員
    顧問:豊田鐵郎〔(一社)中部経済連合会会長〕ほか、
    中部地方整備局長、中部経済産業局長、名古屋市副市長等で構成。
  2. 会員
    104の企業・団体が加入。(平成28年11月末現在)
    【内訳】
    ▽幹事会会員 29団体
    ▽特別会員     32団体
    ▽一般会員     43団体
  3. 主な事業

    1)見本市への出展

    これまで中部が培ってきた水の技術や知恵、先進的な取り組み等、水関係者に幅広く発信して、ビジネス機会の創出を図るため、国内外の見本市に参加。

    2)講演会、勉強会の開催

    3)プロジェクト立案チームへの支援

    プロジェクト立案チームに属する情報収集・情報発信チーム、パッケージ検討チーム、国内展開支援チーム、研究開発・人材育成チームの打合せ等への支援。

    4)会員に対する情報提供等

    ・ホームページ等を活用した海外の上下水道事業等に関する情報提供など

    5)その他支援等

    ・スリランカにおける水道事業の立ち上げに向けた支援

    ・南インドにおける下水道事業参入に関する調査活動

    ・豊橋市中島処理場におけるバイオガス事業への支援

  4.  

    本フォーラムの詳細はこちらをご覧ください。

     

カテゴリ

  • 主な関連団体 (5)
  • 企画部
  • 会員部
  • 国際部
  • 地域開発部
  • 産業技術部
  • 総務部
  • 航空担当
  • 調査部

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。