ホーム > 中経連の概要 > 事務局 > 主な関連団体

中部産業振興協議会は、先端産業分野の研究機関や企業の誘致、産学官連携による新技術...

中部産業振興協議会は、先端産業分野の研究機関や企業の誘致、産学官連携による新技術・新産業の創出を、行政、学界、経済界が一体となって積極的に推進することを目的に、平成14年に設立しました。

1.組織

一般社団法人中部経済連合会の正・副会長、中部5県の知事、名古屋市長、国の機関の局長、大学の学長

2.主な活動内容

(1)先端技術・産業分野の企業・研究機関の誘致、育成

  1. 先端産業分野の企業や研究機関の誘致活動を展開
    • 行政、GNIと連携した海外企業誘致ミッションの派遣
      (H15:スウェーデン・デンマーク、H16:米国(ボストン、デトロイト)、H17:米国(デトロイト)、H18:ドイツ(デュッセルドルフ・フランクフルト))
  2. 企業・研究機関誘致のためのインフラの整備、税制や優遇措置などの立地環境の整備の検討
    • 企業誘致連絡会議の開催

(2)産・学・官連携の強化

  1. 新産業振興に関する諸施策の検討
    • ナノ構造研究所(H19.4設立)の利活用による産業振興策の推進
    • ナノテクミッションの派遣(H20:ドイツ(ベルリン、ドレスデン))
  2. 新産業創出に大きな役割を担うベンチャービジネスの支援活動の推進

(3)国際交流機能の強化

  1. 高度人材の確保
    • 子弟教育、生活環境など外国人の受け入れ環境整備の推進
一覧へ戻る
中経連の概要