ホーム > 中経連の概要 > 会長コメント > 10~12月期の実質GDP大幅マイナスに対する会長コメント

会長コメント

2009.02.16

10~12月期の実質GDP大幅マイナスに対する会長コメント

 昨年10~12月のGDP成長率が、年率12.7%もの大幅マイナスとなったことについては、急激な景気後退の実感が、数字の上からも裏付けられる形となった。
 1月以降についても経済情勢は時々刻々と悪化していることは明らかであり、事態の打開のためには、もはや一刻の猶予もない。
 先の『経済政策に対する緊急意見表明』でも述べた通り、新年度予算案をはじめとする景気対策に関連する法案が早期に成立し、速やかに実行に移されることを強く期待するものである。 以上

バックナンバーを見る
中経連の概要