ホーム > 新着情報一覧 > お知らせ

「第15回中部コーディネータ研究フォーラム」(1/28)報告

中経連は1月28日(月)、「第15回中部コーディネータ研究フォーラム」を開催し、中部5県のよろず支援拠点コーディネータ、支援機関・大学のコーディネータ、中堅・中小企業支援に関する有識者・研究者など16名が参加した。

今回は、理念経営協会理事長の窪田貞三氏から、「理念経営 -潰さない経営の極意-」と題してご講演いただいた。窪田氏は、1993年より企業経営者育成を目的とした「窪田経営塾」を主宰し、知識・スキルのみに頼った分析型・戦略型経営ではなく、理念・ビジョン型経営、人中心の経営を全面に押し出した独特の指導法を展開している。2010年には理念経営協会理事長に就任し、より多くの経営者に理念経営論の発信を行っている。

講演では、経営理念を「正しい人生観、社会観、世界観から創造し実践するもの」と定義し、「理念のある会社は潰れない」「理念があれば収益は上がる」などの考え方にもとづく経営論について、具体的な実例を交えて紹介した。

講演後は、参加者自身が経験した理念経営の具体例紹介や、中小企業支援への生かし方についての質問が出るなど、活発に質疑が行われた。

0128_ccdf.JPG

一覧へ戻る
新着情報