2017年4月アーカイブ

中経連では、下記期間中に軽装勤務を励行しております。

ご理解ご協力の程、お願い申し上げます。

 

【期間】5月1日~1031

一般社団法人中部経済連合会(会長:豊田鐵郎)は、中部圏のイノベーション力強化と新産業創出をねらいに、20174月、イノベーション委員会(委員長:竹中裕紀副会長)を設置しました。

同委員会では、産学官連携により中部圏のイノベーションを触発し続ける仕組みづくりを進め、その仕組みを通じてイノベーションを推進してまいります。 

イノベーション推進のためのプロデューサー人材には、半導体をはじめ幅広い分野の技術マーケティングや事業プロデュースにおいて豊富な実績を持つ、大津留 榮佐久(おおつる えいさく)氏を迎えます。今後、大津留氏にはプロデューサーとして委員会に参加いただき、中部圏のイノベーションを触発するための諸活動をけん引いただきます。

 

大津留氏は、2007年から2期10年にわたり、文部科学省・地域イノベーション戦略促進プログラムなど国家プロジェクトの事業統括者として、九州の半導体クラスターの発展をけん引し、国から最高ランクの「S」評価を獲得しています。

 

大津留氏の経歴は こちら(PDF) をご参照ください。

昇龍道プロジェクト推進協議会(会長:豊田中経連会長)は、3月24()、第8回協議会を岐阜市内にて開催した。議事では、平成29年度の活動方針が承認された他、外国人延べ宿泊者数を「平成32年までに1400万人泊」とする目標が新たに設定された。

豊田会長は、「どこの誰に、何を、どの様にという具体的なマーケティング戦略が必要」と発言するとともに、宿泊供給能力について、「旅館では、例えば泊食分離を進める等、お客様ニーズに合わせながら受入を拡大していくべき」と指摘し、目標達成に向けた課題等をあげた。また、本協議会の事務局を務める中部広域観光推進協議会のDMO化(詳細下述)について報告を行った。

協議会の冒頭には、日本酒を通じた観光振興等に取り組む()コーポ・サチ代表取締役の平出淑恵氏へ、3人目となる昇龍道大使の委嘱状を交付した。平出氏には、昇龍道エリアにある日本酒文化の世界発信、さらには「酒蔵ツーリズム®」醸成への貢献が期待される。また、協議会終了後には、昇龍道大使を務める中野良子氏による講演会「日中国交正常化45周年、新たな文化交流」を開催した。 

 

0324_Syoryudo.JPG

                             昇龍道大使に就任された平出淑恵氏

 

 

広域連携DMO「中央日本総合観光機構」設立へ

2017年5月、広域連携DMO(※)として(一社)中央日本総合観光機構が設立される。これは、昇龍道プロジェクトの事務局をはじめ中部北陸9県の観光振興に取り組んできた中部広域観光推進協議会を発展的に改組するものである。

最高経営責任者(CEO)には豊田中経連会長が就き、最高執行責任者(COO)には英国人のAshley John Harvey(アシュリー・ジョン・ハーヴィー)氏が就任する予定となっている。

徹底的なマーケティングをベースに、ターゲット市場別のコミュニケーション戦略を実行するとともに、観光資源の磨き上げ・新規開発に取り組む等、中部・北陸9県の世界的な観光ブランド化を目指していく。

なお、新組織の設立総会は、5月26日(金)に名古屋城本丸御殿にて開催予定となっている。

 

(DMOとは:

Destination Management/Marketing Organization の略。

様々な地域資源を組合せた観光エリアの一体的なブランドづくり、ウェブ・SNS等を活用した情報発信・プロモーション、効果的なマーケティング、戦略策定等、観光地域づくりの舵取り役を担うプロフェッショナル組織

 

 

CEO_AJH.JPG

               Ashley John Harvey

   <Harvey氏の主略歴>
    レスター大学(英国)MBA
    前VisitBritain(英国政府観光庁) 日本・韓国代表

このアーカイブについて

このページには、2017年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年3月です。

次のアーカイブは2017年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。