2017年1月アーカイブ

1月24()、第29Next30産学フォーラムを開催、31名が参加した。

今回は、南山大学総合政策学部准教授の三輪まどか氏と中部大学工学部電子情報工学科准教授の保黒政大(ほぐろ・まさひろ)氏による講演、愛知淑徳大学創造表現学部准教授の宮田雅子氏による講演&ワークショップという構成でフォーラムを開催した。

三輪氏は、「高齢者の契約をめぐる現状と課題 ~企業・家族が押さえておきたいポイント~」をテーマに、近年、企業と高齢者との間で契約トラブルが増えており、どのような点に注意を払うべきか、裁判例をもとに最近の傾向を説明。企業にとって契約が有効な場合であっても対応によっては社会的信用を落とすことや、家族においても本人の意思確認なく代理で契約を結ぶと無効になってしまうことがある等、事例を踏まえて注意を促された。

保黒氏は、「生体認証技術 ~誰でも簡単・安全に使える鍵~」をテーマに、近年、ATMや携帯電話、入国審査等で生体認証技術が利用されており、今後、様々な分野で普及していく技術であると説明。その一方、子供やお年寄りの指に関しては誤認されることが多い等、依然として課題も残されており、今後も生体情報を正確に読み取る研究・開発に力を入れていきたいと述べられた。

宮田氏は、「伝えるデザイン ~コミュニケーションの理論と実践~」をテーマに、20世紀以降、非言語によるコミュニケーション手段として「伝えるデザイン」の重要性が高まっていることを強調。この分野の研究理論を紹介しつつ、簡単な例として「レゴブロック」によるワークショップを行い、参加者は頭の中に描くデザインを送り手と受け手の双方が正確に共有することの難しさを体験した。

その後の懇親会では、参加者が講師を囲み、それぞれの研究について意見を交わすなど、より一層の親睦を図った。

 

  29th_Next30.jpg

 

5省庁6局の代表が一堂に会し、中部が今後どのような魅力ある地域づくりを目指すべきか、そのために必要な経済・社会等のあり方について討議いたします。

今回は、講演会「IoT動く -実用化への可能性と課題-」、ならびにパネルディスカッション「『中部圏におけるIoTの活用について』~つながる社会のものづくり、まちづくり、ひとづくりを考える~」を行います

本会会員および自治体関係者の方々、一般(個人)の皆様を対象に、参加を募集しておりますので、216()までに申し込みください。

※定員に達しましたので、お申込み受付を締め切らせて頂きました。

  〔214()16:00

 

◆一般聴講者(個人、中経連非会員)の方は こちら

◆国(省・局)・自治体ご関係者の方は こちら

◆中経連会員の方、および、中経連会員である法人・団体の事業所に

 所属されている方は こちら

 

※参加登録の確認メール(参加証)を自動返信いたします。

当日はプリントした参加証、もしくは名刺を受付にご提出ください。

 

 

日 時:平成29227() 13:3017:00

場 所名古屋東急ホテル3階 「ヴェルサイユ」

〔名古屋市中区栄4-6-8 TEL052-251-2411

定 員:400

 

<プログラム>

 ◆主催者挨拶(13:3013:40

  (一社)中部経済連合会 会長 豊 田 鐵 郎

 

 13:4014:40

:「IoT動く -実用化への可能性と課題-」

講師東京大学大学院情報学環教授、ユビキタス情報社会基盤研究センター長

    坂村 健 氏

 

◆パネルディスカッション(15:0017:00

 テーマ ;「中部圏におけるIoTの活用について」

~つながる社会のものづくり、まちづくり、ひとづくりを考える~

  コーディネーター  名古屋大学大学院情報科学研究科  研究科長・教授   安 田 孝 美 氏

パネリスト

総務省東海総合通信局長

   前 川 正 文

 

財務省東海財務局長

   長谷川  靖

 

農林水産省東海農政局長

   田 辺 義 貴 

 

経済産業省中部経済産業局長

   波多野 淳 彦 

 

国土交通省中部地方整備局長

   塚 原 浩 一 

 

国土交通省中部運輸局長

   鈴 木 昭 久 

 

主 催 : (一社)中部経済連合会

後 援 : ()中日新聞社、明日の中部を創る21世紀協議会

5省庁6局の代表が一堂に会し、中部が今後どのような魅力ある地域づくりを目指すべきか、そのために必要な経済・社会等のあり方について討議いたします。

今回は、講演会「IoT動く -実用化への可能性と課題-」、ならびにパネルディスカッション「『中部圏におけるIoTの活用について』~つながる社会のものづくり、まちづくり、ひとづくりを考える~」を行います。

下記のページより、216()までにお申し込みください

 

◆中経連会員の方、および、中経連会員である

 法人・団体の事業所に所属されている方は  こちら

 

 【1月20日(金)17:00 追加情報】 

 一般聴講者募集を開始しました。会員以外の方は、以下よりお申し込みください。

  ・一般聴講者(個人、中経連非会員)の方は こちら

  ・国(省・局)・自治体ご関係者の方は こちら

 

 

※ 参加登録の確認メール(参加証)を自動返信いたします。

当日はプリントした参加証、もしくは名刺を受付にご提出ください。

 

 

日 時:平成29227() 13:3017:00

場 所名古屋東急ホテル3階 「ヴェルサイユ」

〔名古屋市中区栄4-6-8 TEL052-251-2411

定 員:400

 

<プログラム>

 ◆主催者挨拶(13:3013:40

  (一社)中部経済連合会 会長 豊 田 鐵 郎

 

 13:4014:40

:「IoT動く -実用化への可能性と課題-」

講師東京大学大学院情報学環教授、ユビキタス情報社会基盤研究センター長

    坂村 健 氏

 

◆パネルディスカッション(15:0017:00

 テーマ :  「中部圏におけるIoTの活用について」

  ~つながる社会のものづくり、まちづくり、ひとづくりを考える~

コーディネーター: 名古屋大学大学院  情報科学研究科 研究科長・教授  安田 孝美  氏

 

パネリスト

総務省東海総合通信局長

前 川 正 文

 

財務省東海財務局長

長谷川  靖

 

農林水産省東海農政局長

田 辺 義 貴 

 

経済産業省中部経済産業局長

波多野 淳 彦 

 

国土交通省中部地方整備局長

塚 原 浩 一 

 

国土交通省中部運輸局長

鈴 木 昭 久 

 

主 催 : (一社)中部経済連合会

後 援 : ()中日新聞社、明日の中部を創る21世紀協議会

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。