2016年6月アーカイブ

本会では、201110月より大学に入会いただき、より緊密な産業界と学界の関係を構築すべく、2012 4 月に産学連携懇談会を立ち上げると同時に、「Next30産学フォーラム」を開始しました。

4年目となる2015年度は、参加大学数は前年度の17校から18校と拡大し、多様な研究分野の講師陣からご講演頂いた他、グループディスカッションやワークショップによる参加者同士の会話・交流を促す仕掛けづくり、見学会の開催等、参加者に多くの刺激を感じてもらい、かつ見聞を広めてもらう企画を実施してきました。

今般、2015年度の報告書を作成しましたので、ご覧ください。

 

◆2015年度報告書(PDF)

〔体制・組織、フォーラム実施概要(写真)、参加者の声(アンケート結果)など〕

 

 

<ご参考>

「Next30産学フォーラム~次代を担う若手のための産学・異分野交流会~」

 

本会ホームページでは、去る6月9日の第5回定時総会開催後に、会長写真、役員名簿(PDF)等を更新いたしました。

しかしながら、一部のパソコン機種をお使いの方は、Internet Explorer キャッシュ機能(一度見たホームページのデータをパソコンの中に一時保存して、速く表示できるようにする機能)により、過去のデータが表示されてしまい、最新データが見られないケースがございます。

この場合、キーボードの「F5キー」を押す、あるいは、下図のようにURLバーの更新マークをクリックしていただき、ページ表示を更新していただきますよう、お願いいたします。

 

HowToUpdate.jpg

 

5月27()、第25Next30産学フォーラムを開催、38名が参加した。

はじめに、名古屋経済大学経済学部准教授の大塚雄太氏が「アダム・スミスの虚像と実像-彼は『経済学者』だったのか?」と題して講演を行った。経済学の父と呼ばれるアダム・スミスは道徳哲学の教授の顔を持っており、決して自由放任主義者ではなく、逆に社会における常識や規則の中で経済活動を行うことが正しいと考えたことや、道徳哲学を生涯大切にしたこと等を紹介した。

次に、企業からの話題提供として、()レオパレス21学校法人営業部マネージャーの中田悟司氏が「レオパレス21における産学連携の取り組みについて」と題して講演を行った。近年、海外の日系企業に対する物件の紹介や出張手配等に力を入れる一方で、大学と産学連携に取り組んでいる事例を紹介。アパートの管理・運営だけでなく、教育界が抱える「学生募集」「教育カリキュラム構築」等への課題に対して自社のノウハウを活用して解決していきたいと述べた。

続いて、岐阜薬科大学臨床薬剤学研究室助教の神谷哲朗氏が「フォースの覚醒が導く医療~多角的に物事を捉える楽しさ~」と題して講演とグループディスカッションを行った。自身の研究分野であるプラズマ医療科学を例に、物事を多角的に捉える面白さを説明した上で、参加者に自身の仕事を「今の角度」と「異なる角度」で見た場合にどのように捉えられるのかという課題を提示した。グループディスカッションでは、業務の専門性にとらわれない議論が交わされ、大いに盛り上がった。

その後の懇親会では、参加者が講演者を囲み、それぞれの研究内容や事業概要について意見を交わすなど、より一層の親睦を図った。

 

 

25th_Next30.jpg

本会は、本年1113()20()8日間、海外経済視察団をインドに派遣し、「輸送機器」「IT」「インフラ」産業の3つの観点から、現地経済団体との情報交換や懇談、現地企業の視察、現地日本人会・ジェトロ等との経済懇談等を行う予定です。併せて、航空会社を訪れ、中部国際空港の路線拡大に向けてのエアポートセールス(APS)を行う予定です。

参加希望の方は、参加申込書をご記入の上、6月30()までにメールまたはFAXにてご連絡願います。参加希望者が多数の場合は、申込期限を繰り上げることがございます。

※6月21日(火)11:00 定員に達しましたので、申込みを締切りました。

 

実施期間>

20161113()20() [8日間]

 

募集団員数>

30 (中経連会員企業・団体登録者ならびに担当者)

 

<訪問都市>

・バンガロール、ムンバイ、デリー(3都市)

 

主な訪問予定先と内容>

・訪問国の経済団体等との情報交換・懇談

・現地企業、日系進出企業の視察

・現地日本人会・ジェトロ等との経済懇談

・航空会社へのエアポートセールス 等

 

<詳細・お申込み>

平成28年度海外経済視察団の派遣(PDF)

参加申込書(PDF)

 

このアーカイブについて

このページには、2016年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年5月です。

次のアーカイブは2016年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。