2015年2月アーカイブ

中経連は、2月2日()に開催した総合政策会議において、経済委員会(委員長:豊田副会長)が取りまとめた提言書「貿易・サービス収支改善の提言~経常収支赤字化の回避~」を承認し発表した。

 

本提言書は、政府・与党をはじめ、関係国会議員、経済産業省をはじめとした関係省庁、当地域の国の出先機関、自治体、経済団体等、関係各方面に提言していく。

 

提言書の詳細はこちら

 

 

【本提言書の基本的な考え方や取りまとめの方針】

 

・貿易・サービス収支が大幅な赤字となっているのは、短期、中長期の要因が複雑に絡んでいるが、根本にある「わが国の産業空洞化と産業構造転換の遅れ」が影響していると考えられるので、提言内容はそこまで踏み込む方針で検討した。

 

・貿易・サービス収支の改善のためには「政府と民間の協調が必要である」という考え方で取りまとめた。従って、提言内容については、民間企業が努力すべきこと、中部圏としてできること、政府に要請すること、の3つに分けてまとめた。

 

・可能な限り具体的な提言となるよう内容を掘り下げた。提言は、内容に応じて5つの提言群に分けて分かり易く示した。

 

 

20150202.JPG

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。