ホーム > 会合・イベント情報 > 西知多道路の早期整備を要望(7/31)、東海北陸自動車道および東海環状自動車道の建設促進を要望(8/2)

西知多道路の早期整備を要望(7/31)、東海北陸自動車道および東海環状自動車道の建設促進を要望(8/2)

 

中経連は、標記の道路の早期整備について、それぞれ関係する自治体等と合同で要望活動を行った。

 

 

 

■西知多道路の早期整備を要望

実施日:平成29731()

要望先:大塚財務副大臣、財務省主計局次長、国土交通事務次官、技監 等

訪問者:愛知県、名古屋市、沿線自治体、名古屋港管理組合、中部国際空港()
 中経連 等


<西知多道路について>

西知多道路は、名古屋港の物流機能強化の他、中部国際空港へのアクセス道路として物流や観光に寄与するとともに、大規模災害時の沿線への緊急搬送路としての役割を果たすことも期待されている。昨年度は、伊勢湾岸自動車道と直結する東海JCT部が国主体で、南側の青海IC~常滑JCT部が愛知県主体で事業化された。


<主な要望内容>

栗原中経連常務理事が、中西愛知県副知事等とともに、大塚財務副大臣をはじめ、財務省および国土交通省幹部等と面談し、今後さらに国の予算が確保され、西知多道路の早期整備が進められるよう要望を行った。

 

170731_NishiChita.JPG

              大塚財務副大臣に要望

 

 

 

■東海北陸自動車道および東海環状自動車道の建設促進を要望

実施日:平成29年8月2日()

要望先:石井国土交通大臣、国土交通事務次官

訪問者:岐阜県、三重県、富山県、沿線自治体、北陸経済連合会、中経連 等

 

<主な要望内容>

栗原中経連常務理事が、古田岐阜県知事、鈴木三重県知事、石井富山県知事等とともに石井国土交通大臣および国土交通事務次官と面談し、それぞれの道路の建設促進を要望した。

これは、同日開催された東海北陸自動車道建設促進同盟会と東海環状道路建設促進期成同盟会(ともに会長は古田岐阜県知事)の合同総会にあわせ、両同盟会の幹部である各県知事等と要望活動を行ったものである。

今回、東海北陸自動車道については、暫定2車線区間のうち平成 30年度の開通見通しが公表されている白鳥IC~飛.清見IC間の計画通りの開通と、その他区間の早期全線4車線化などを、東海環状自動車道については、ミッシングリンクとなっている西回り区間の1日も早い全線開通および開通見通しが公表されていない区間の早期公表を要望した。
 

170802_TokaiHokuriku_LoopWay.JPG

               石井国土交通大臣に要望

 

一覧へ戻る
会合・イベント情報