ホーム > 会合・イベント情報 > 名古屋環状2号線(名古屋西~飛島)の平成32年度開通予定の公表に対するお礼および早期整備要望(8/10)

名古屋環状2号線(名古屋西~飛島)の平成32年度開通予定の公表に対するお礼および早期整備要望(8/10)

中経連では、名古屋環状2号線の整備について、これまでも自治体等と継続して要望活動を行ってきた。このたび、名古屋西~飛島の区間が平成32年度に開通予定であると公表されたことから、国土国交省に対し、お礼および更なる早期整備への要望を行った。

 

要望先:石川国土交通省道路局長、国土交通省幹部 等

訪問者:愛知県、名古屋市、飛島村、名古屋港管理組合、名古屋商工会議所、中経連

 

<主な要望内容>

名古屋環状2号線は、未整備区間である西南部・南部区間の開通により、岐阜県方面から名古屋港へのアクセス向上、物流効率化や資本ストック効果、観光の利用促進への寄与とともに、南海トラフ地震など大規模災害時の緊急搬送路としての役割も見込まれている。

このような中、7月28日に国土交通省より未整備区間(名古屋西~飛島)の平成32年度開通予定が公表された。これにより名古屋環状2号線は全線開通することから、企業は周辺地域への新規投資や物流ルートの見直しなどの計画が立てやすくなることが期待できる。

そこで、栗原中経連常務理事は中西愛知県副知事等とともに、国土交通省幹部に対し、この度の開通予定の公表に対するお礼と、さらに一日も早い整備に対する要望を行った。

 

meikan2_0810_1.jpg

meikan2_0810_2.jpg
一覧へ戻る
会合・イベント情報