ホーム > 会合・イベント情報 > 豊田会長がファンボロー国際航空ショーを訪問(7/12)

豊田会長がファンボロー国際航空ショーを訪問(7/12)

 

7月12()、豊田中経連会長は大村愛知県知事、波多野中部経済産業局長等とともに、英国ファンボロー国際航空ショーを訪問した。

 

 

今回の訪問は、世界最大級の航空ショーの現場で世界の航空機市場の動きを直に感じること、中部圏が誇る航空機産業集積をアピールして取引拡大に繋げるとともに、MRJの商談がさらに進展するよう支援することを目的として実施された。

また、欧州エアバス社と米国ボーイング社の展示・商談用建物(シャレ―)では、民間旅客機産業をリードする両社のプレゼンスを肌で感じた。

 

ショーに先立つ11()には、ロンドン市内で開催されたグレーター・ナゴヤ・イニシアティブ協議会シンポジウムおよび愛知県経済交流会に参加し、英国航空機産業関係者等に中部圏に集積する航空機産業の層の厚さや技術力をアピールした。

 

今回の訪問中、幸運にもMRJが欧州での初受注に成功したとの発表に現地で直接ふれることができた。今後は最大の難関とされる型式証明の取得に向けた試験が順調に進み、2018年から納入が開始され、世界中を飛び回り活躍する姿を見せてくれることが期待される。

 

 

〔写真:三菱航空機(株)シャレ—にて〕

一覧へ戻る
会合・イベント情報