ホーム > 会合・イベント情報 > 政府に対し「エネルギーミックス・温室効果ガス削減目標の策定に向けた意見」について要望活動を実施(4/15)

政府に対し「エネルギーミックス・温室効果ガス削減目標の策定に向けた意見」について要望活動を実施(4/15)

三田中経連会長は、415()、宮沢経済産業大臣、望月環境大臣、甘利経済再生担当大臣【写真】、稲田自由民主党政務調査会長を訪問し、46日に公表した意見書「エネルギーミックス・温室効果ガス削減目標の策定に向けた意見」を手渡した。 

 

三田会長からは、「エネルギーミックス及び温室効果ガス削減目標の策定により、エネルギーコストの更なる上昇を招き、わが国産業の国際競争力を削ぐことがあってはならない。そのためには、まず安全性が確認された原子力の早期再稼動を行うとともに一定規模の比率で原子力を活用すべきである。また、再生可能エネルギーの導入については、国民や企業の負担が増大している固定価格買取制度を抜本的に見直すべきである。加えて、各企業の省エネ対策に対しては十分な支援をお願いしたい」と要望した。

 

 

 

20150415.jpg

一覧へ戻る
会合・イベント情報