ホーム > 会合・イベント情報 > 「第1回中部コーディネータ研究フォーラム」を開催(3/30)

「第1回中部コーディネータ研究フォーラム」を開催(3/30)

330()、第1回中部コーディネータ研究フォーラムを開催し、中部5県のよろず支援拠点コーディネータ、支援機関・大学のコーディネータ、中堅・中小企業支援に関する有識者・研究者など21名が参加した。

 

本フォーラムは中部圏各地で中堅・中小企業を支援している「成長支援型コーディネータ」のネットワーク強化と企業支援力の一層の向上を通して中堅・中小企業振興を図ることをねらいとして設立したもので、座長に中部科学技術センターの竹村事務局長、副座長に愛知県よろず支援拠点の多和田コーディネータ、岐阜県産業経済振興センターの丹羽理事長を選任した。

 

まず、リンカーズ株式会社〔※本年41日にディスティ()から社名変更〕の前田CEOから『Linkers(コーディネータを介したパートナー探索サービス)』の取り組み状況、成功事例などについて紹介があり、続いて、諏訪圏ものづくり推進機構の宮崎理事と後藤研究所(三重県)の後藤代表から、Linkersのコーディネータとしての活動内容について発表があった。

次に、名古屋大学大学院の山田基成教授が「中小企業の成長戦略と外部資源の活用」と題して講演を行った。

その後、中堅・中小企業支援におけるコーディネータの役割の重要性、シニア人材をいかにコーディネータとして取り込むか、など活発な議論が行われた。

 

今後年4回のペースで継続的に開催、各回参加者持ち回りで数名から事例や研究成果の発表をしてもらい、それをテーマに議論するというスタイルで運営し、「相互研鑽の場・気付きを得る場」としていくことを目指している。次回は7月に開催する予定。

 

 

270330.JPG

 

 

一覧へ戻る
会合・イベント情報