ホーム > 会合・イベント情報 > 「リニア中央新幹線を活かした名古屋圏地域づくりフォーラム」に三田会長が参加(1/22)

「リニア中央新幹線を活かした名古屋圏地域づくりフォーラム」に三田会長が参加(1/22)

122()、名古屋市内で国土交通省中部地方整備局ならびに中部運輸局の主催の「リニア中央新幹線を活かした名古屋圏地域づくりフォーラム」が開催され、約1,100名が参加した。 

本フォーラムでは、リニア中央新幹線の開業が中部圏・名古屋都市圏にどのようなインパクトがあるのか、名古屋を核とした地域づくりをいかに行っていくのかなどをテーマに開催された。

中部地方整備局長の主催者挨拶に続き、名古屋大学未来社会創造機構教授の森川高行氏より「リニア中央新幹線がつくるメガ・リージョンと名古屋圏のあり方」と題する基調講演が行われた。

続いて、パネルディスカッション「名古屋圏の強みを活かした今後のまちづくりと地域連携」に移り、ジャーナリストの池上彰氏をコーディネーターに、中部地方整備局長の八鍬隆氏、名古屋市長の河村たかし氏、(公社)日本観光振興協会中部支部長の須田寬氏、トヨタ自動車()総務部の長谷川いづみ氏、本会の三田敏雄会長をパネリストとして意見交換が行われた。

三田会長は「リニア開業のプラスのインパクトを中部圏が享受するためには、人や企業を引き付ける〝魅力ある地域“であることが必要である。そのためには、リニア駅周辺のみならず、空港・港湾・道路等のインフラ、さらには東海道新幹線エリアまで含めた面的整備が重要。国や各自治体、産業界などの連携も大切である」と発言した。

 

150122_Forum02.JPG

一覧へ戻る
会合・イベント情報